3DSLLの故障と修理について

 

任天堂 故障 修理

 

 

ファミコンの時代から任天堂の故障・修理の対応は非常に評判がよく
それは3DSLLになった今でも変わっていません。

 

ですが3DSLLを長く使っていると、ボタンや十字キーに不具合が
出てくる場合があると思います。

 

それ以外でも、液晶の不具合や電源関連の不具合、いろいろ
考えられます。

 

そして初期不良の場合もありますので、故障などの場合、
どうすればいいのか?スムーズにいくのか?について
解説していきます。

 

 

3DSLLの初期不良

 

これは3DSでは無くDSの話なのですが、私も任天堂の初期不良に
あったことがあります。

 

この時の症状は、DSソフトを入れても途中で電源が落ちたり、
何回入れなおしてもソフトを認識できなかったりといったものでした。

 

この時、私自身初めてDS、を買った時でしたので、
これが不良なのか?というのが分かりませんでした。

 

ですが友人のDSを触った時に、絶対におかしいと思い
すぐに任天堂に電話しました。

 

保証期間だったので無料で新品に交換してもらいましたが、
この時の私のように初めて購入した人は初期不良を分かりにくいですよね。

 

ですので、もしわからなかったら、任天堂にメールするというのがいいと思います。

 

こちらから=任天堂3DSLLオンラインお問い合せ窓口

 

 

3DSLLの修理依頼方法

 

次に3DSLLを修理に出すときの方法を解説します。

 

まず3DSLLが故障した時に、「自分で治すのがいい」みたいに書いている
サイトがありますが、これはプロ級の方だけに限った話です。

 

3DSLLはなんといっても、分解した時点で正規のサポートを
受けられないと規約に書いてあります。

 

ですので1度でもご自分で3DSLLを分解してしまうと、以後一切の
サービスを断られるという可能性があるのです。

 

もちろん任天堂もなんでもかんでも断るということはしないと思います。
ですが規約にそう明記されている以上、分解は絶対に避けるべきです。

 

 

それでは任天堂への修理依頼のやり方です。

 

まず一度上記の問い合わせ窓口に問い合わせて下さい。
*明らかな故障の場合は省略可、次に進んで下さい。

 

そして故障ということが確認されれば、オンライン修理受付から
手続きを行います。

 

これは簡単で、まずご自身のメールアドレスを登録。

 

次にメールに故障箇所の詳細を記入。

 

すると任天堂から「ニンテンドーDSシリーズ専用修理品発送キット」が
送られてきます。

 

これに故障した3DSLLを入れて送り返せば終了です。

 

あと注意点は修理の見積り価格です。

 

これはご自身で設定できるのですが、5000円が最低設定料金と
なります。

 

設定額が5000円なら、5000円以内で行える修理ならそのまま
修理され後日入金となります。

 

5000円を超える場合は任天堂から電話かメールがきます。

 

5000円を超える場合ですと考えものですね。
ココでご紹介している最安クラスの3DSLLなら18000円をきっています。

 

新品か?修理か?は、どちらがお得か良くお考えになって下さい。

 

 

なおオンライン修理受付はこちら=3DSLL修理受付